企業情報

沿革

大正 3年 服部常吉が手抄き和紙の製造を始める。
昭和23年 1号抄紙機を導入し手抄きより機械抄へ転換する。
昭和25年 服部製紙株式会社を設立。
初代社長 服部利雄が代表者に就任する。
紙テープ、七夕紙の製造、販売を始める。
昭和42年 2号抄紙機を増設、2号本社加工場を建設し国内に先駆け、ソフトなトイレットペーパーの製造、販売に乗り出す。
昭和43年 3号本社加工場を建設し、白チリ製造、販売を開始する。
昭和44年 再生パルプ製造を目的に愛媛パルプ協同組合が設立され、それに加入する。
昭和47年 愛媛パルプ協同組合上質古紙パルプ(製品名BP)製造設備完成により同パルプ使用開始。
昭和48年 販売部門として、ふくべ商事を発足、兵庫県尼崎市に支店を開設。
昭和58年 金生第二工場建設、加工品製造開始。
ティッシュペーパー製造、販売開始。
昭和59年 2号抄紙機、短網より丸網ジェットホーマーに改造、生産量アップに成功。
昭和60年 イタリア、ペリーニ社製最新鋭トイレットペーパー用リワンダー機導入、エンボストイレットペーパー開発。
愛媛パルプ協同組合最高級古紙パルプ(製品名SP)製造設備完成により同パルプ使用、新商品製造、販売開始。
昭和61年 上分工場建設、トイレットペーパー、タオルペーパーの最新鋭ライン組により生産量アップに成功。
初代社長 服部利雄が会長に就任。服部泰昌が社長に就任。
販売部門ふくべ商事を(株)服部に独立させ営業力強化を計る。
福岡に九州営業所を開設。
昭和62年 妻鳥化成(株)を買収し妻鳥工場としてウェットティッシュの製造、販売を開始。
昭和63年 愛媛パルプ協同組合高級古紙パルプ(製品名AP)製造設備完成により同パルプ使用、新商品製造、販売開始。
新商品アロエトイレット、アロエウェットティッシュ製造、販売開始。
平成 2年 (株)服部の東京営業所を服部製紙(株)東京営業所として変更。
平成 3年 妻鳥工場を売却し、金生第一工場建設に着手。
東京営業所を東京支店に変更。
平成 4年 金生第一工場完成。ウェットティッシュ加工専門として新設。
化粧品製造認可工場として許可取得。
平成 6年 地球の王様シリーズで台所商品販売開始。
平成 7年 化粧品輸入販売業許可取得。
平成 8年 服部泰昌が会長に就任、服部豊正が社長に就任する。
平成 9年 WWF(世界自然保護基金)ライセンス商品販売開始。
平成10年 強酸性電解水商品の製造、販売開始。
トイレットペーパー新商品「四季の調」発売。
平成13年 強酸性電解水を化粧品新規原料(酸化精製酸水)として承認取得。
フェイスマスク、ケアシートを化粧品として販売開始。
アルカリ洗浄商品の製造、販売開始。
平成14年 ウェットティッシュピロータイプ加工、包装機を導入。
平成15年 食用油処理用製品「かたづけポイ」の特許を取得。
大阪市に大阪営業所開設。
平成16年 市町村合併に伴い、本社を愛媛県川之江市上分682より愛媛県四国中央市金生町山田井171番地1に移転。
ISO9001の認証取得。
平成17年 「かたづけポイ」が愛媛県優良リサイクル商品に認定される。
平成18年 ローションティッシュ製造リワインダー新規導入によりローションティッシュ増産体制が整う。
ウェットティッシュピロータイプ加工、包装機2号機導入によりアルカリ洗浄シートの増産。
平成19年 服部豊正が会長に就任、服部正和が社長に就任する。
医薬部外品製造許可取得
平成20年 「sndek」(スンデク)をブランドとして展開開始。
「sndek」(スンデク)は地域資源活用事業に認定される。
平成21年 ウェットティッシュピローハンディ加工機導入。
キッチンペーパー増産の為、設備更新
平成24年 新ブランド「SO_SUI」(ソスイ)販売開始。
化粧品作液設備導入。(化粧品生産一貫体制をとる)
平成25年

フェイスマスク充填パック機導入。
「SO_SUI」(ソスイ)フェイスマスク販売開始。
中国へのアルカリ電解水クリーナー販売開始。

ウエットクリーナー・化粧品部門への注力の為、トイレットペーパー製造中止

平成26年

ベトナムより技能実習生受入開始。

平成27年

商社を通じ、カナダへアルカリ電解クリーナー40ftコンテナ出荷。

中華人民共和国 上海市 駐在員及び駐在事務室設置