企業情報

経営理念

ごあいさつ

服部正和

世界の環境貢献を目指して

服部製紙は、手すき和紙に始まり、紙テープ・七夕紙を経て、トイレットペーパーをはじめとする家庭紙の製造・販売を長く続けて参りました。しかし、地球温暖化に代表される環境問題に直面したとき、美しい海・河川・湖沼を次世代に手渡すためにはどうしたらよいのか、という視点で商品開発に取り組むようになりました。

地球温暖化防止の一つには、CO2の削減が急務とされ、排出量を減少させるとともに、CO2の吸収源を増加させるため、各国、企業の多くは植林活動に力を入れています。

一方、当社では、光合成による二酸化炭素吸収量が、熱帯雨林の3倍以上と言われている海中林の保護が大事であると考えています。海岸の環境汚染等により海水が濁ることで、海藻の光合成の妨げになり海中林の減少に繋がってしまうのです。また、水質汚染の原因の6~7割は、家庭から出る生活排水であり、もっとも汚れの割合が大きいのが台所排水です。そこで、家庭排水汚濁防止に役立つ商品を開発し、地球温暖化防止に貢献したいと考えたのです。

日本には、瀬戸内海・東京湾・伊勢湾と三大閉鎖水域があり、なかなか水質の改善がなされていません。当社はこの中の瀬戸内海に面している企業です。 瀬戸内海はじめ日本の海を守るために、油や食べ残しを排水溝から流さないための商品開発を行っております。再生紙・非木材紙・再生トイレットペーパー端材を活用した、ふきとりペーパー・キッチンペーパー・かたづけポイなどです。また合成界面活性剤不使用の重曹電解水を使い、人にやさしく・水環境に負荷をかけないウエットクリーナーを開発いたしました。

当社はこの商品群を生活提案を含めて日本全国に展開し、一人でも多くの方に、使用していただくことを目指します。そうすれば、必ず地球温暖化防止に貢献できるものと確信しております。

今後、中国はじめ世界に普及させて、世界の環境貢献を目指していくことを当社の使命とし、日々邁進していきます。

服部製紙株式会社 服部 正和